借り換えに必要なものとは?審査や必要な条件!

- 借り換えるにも審査が必要

新着情報

◆2014/05/30
借り換えるにも審査が必要の情報を更新しました。
◆2014/05/14
サイト管理代表者情報詳細を新規投稿しました。
◆2014/05/13
難しい条件の情報を更新しました。
◆2014/05/13
年収と言う条件の情報を更新しました。
◆2014/05/13
条件の情報を更新しました。

借り換えるにも審査が必要

住宅ローンを借り換える際には利用条件というのが存在します。
その利用条件というのは審査を通過することです。

これは当たり前のことですので、皆さんご存知だとは思います。ただ、新規でローンを組む時よりも、借り換えの時の方が審査が厳しいと言われています。
ローンの審査の条件というのは、金融機関によって様々あるようです。
その審査の全ての条件をクリアしなくてはならないという訳ではありません。
全ての条件をクリアできていなくても、トータルで判断してクリアできていれば審査を通過することができるのです。
ローンを変更する時の審査基準の中に、返済能力をチェックする項目があります。
これは、ローンを借り換えてもきちんと返済出来るのかをチェックするもので、主に勤続年数や収入、年齢、職業などをチェックするようです。
ローンを組む時に仕事の継続性に安定がなければ、ローンが支払えなくなるのでは?と思われがちです。そのため、自営業や契約社員などの場合は、審査を通過できない可能性も出てきます。
他には、勤続年数から収入が安定しているかどうかもチェックされます。
一般的な目安として、勤続年数が3年以上であれば問題ありません。
また、転職をしたばかりだという場合でも、同業内でのキャリアアップの為の転職であれば大丈夫です。
その他にも、勤務先も重要なチェック項目です。
収入の安定性から見て、中小企業よりも、やはり大企業に勤めている人の方が審査を通過しやすいです。しかし、中小企業だからと言って審査を通過出来ない訳ではありません。
審査は収入や借り入れる金額などからトータルで判断されます。
ですので、住宅ローンを借り換える時は収入の安定性を証明出来るようにしておくと良いでしょう。

借り換えの時に必要な条件

住宅ローンを借り換える時に重要なのは、審査に通ることです。
それはもちろん重要なことですが、その他にもローンの借り換えの時に必要な条件があります。
それは何かと言いますと、「心構え」です。

どうして心構えが必要になるのでしょう?それは、ローンの変更は何回でも出来るものではないためです。
ローンの変更というのは金融機関から借りたお金を他の金融機関から借りて返済をするということなので、変更をしたとしても一回だけの変更となります。
ローンを変更するチャンスは一度きりしかないのです。ですので、ローンの変更をしようとする場合は、慎重に調査をしてしっかりとした返済計画を立てなくてはなりません。新規でローンを組む場合は、調査をしっかりとしなかった場合でも、ローンの変更をすることで解決することが出来ます。
しかし、借り換えをする場合は、もう変更することは難しいですので慎重に調査をする必要があるのです。
ですから、変更先は慎重に探して、返済も毎月遅れずに支払えるようにしなくてはなりません。それから、何年ですべて返済出来るのかというのもシミュレーションして、しっかりとした返済計画を立てておく必要もあります。
借り換えをすることで、今よりも得をするためには、こういった心の準備も必要となるのです。
目に見える審査項目も大切ですが、こういった目に見えない部分というのもしっかりとしていなければ、借り換えをした後にきちんと返済出来なくなるかも知れません。
審査条件をクリアすると同時に、ローンの変更後もきちんと返済するという心の準備も重要な条件の一つです。
住宅ローンの借り換えを行なう時は、事前にしっかりとした住宅ローンシミュレーションが必要です。